MENU

テイルズオブエクシリア2の主人公

テイルズ オブ エクシリア2は、前作でジュードとミラたちが、リーゼ・マクシアとエレンピオスを隔てていたマナの壁シエルを開放したことで、マナが世界に満たされました。

 

あれから1年。

 

リーゼ・マクシア、エレンピオス両国家は融和へと歩み始めてはいるが、まだ対立の火種は残っている様子。

 

テイルズ オブ エクシリア2の主人公は、エレンピオスの都市トリグラフに兄ユリウスと住む1人の青年、ルドガー・ウィル・クルスニク。

 

ルドガーはトリグラフ駅の食堂に就職。初出勤の日、見知らぬ少女ルウに出会う。出会った早々に事件に巻き込まれ、多額の借金と世界の命運を背負うことに。

 

この借金返済システムですが、一定額の借金を返済していくごとに、制限がかけられていたエリアが解放されるというしくみです。

 

借金を返済しないで貯め込んだままでいると、強制的にお金を撤収される場合があるので注意が必要です。

 

ルドガーの戦闘タイプは、銃剣槌士。両手に持っている双剣やハンマー、双銃を使いこなします。

テイルズオブエクシリアの借金返済システム

テイルズオブエクシリア2の主人公はルドガーですが、テイルズオブエクシリア2では主人公、つまりプレイヤーのすべての行動や言動が、選択肢によって選ぶというシステムになっています。

 

ゲーム中に様々な場面でこの選択肢が表示され、プレイヤーは L1、R1のボタンでどちらかを選んで行動や言動を決定します。

 

選択肢をどちらにするのか選ぶ時間が限られているケースもあります。

 

悩んでいるうちに制限時間になった場合は、どちらかの選択肢を強制的に選択され、ストーリーが進みます。

 

ただ選択肢を選んだからといって、ストーリーに大きく影響することはないようです。

 

しかし、中には重大な決断を下さなければならないケースもあります。

 

借金を返済しながらストーリーを進めていくことになりますが、お金を貯める方法として、グランスピア社が経営する人材派遣会社でクエスト、いわゆる仕事を受注します。

 

クエストの目的を達成して、人材派遣会社に報告をすると、報酬としてガルドが支払われます。

 

報酬のガルドとともにもらえるのが、勲功ポイント。この勲功ポイントを貯めると、称号がもらえます。

 

称号の位が高くなっていくにつれ、高難易度のクエストを受注することが可能になります。

 

借金を返済するために稼ぐガルドを得る方法は、クエストを受注する方法以外にもあるようです。

テイルズオブエクシリア2のキャラクター

テイルズ オブ エクシリア2の戦闘では前作同様、AC(アサルトカウンタ)とTP(テクニカルポイント)の値を消費します。

 

テイルズ オブ エクシリア2でもキャラクターの特性があり、それぞれのキャラクターは特別な戦闘能力をもっています。

 

主人公のルドガーの特性は、ウェポンシフト。

 

ルドガーの武器は双剣、槌、双銃ですが、双剣による近距離戦闘や広範囲に攻撃できるハンマー、双銃による遠距離攻撃など、ルドガーの特性はバランスがとれており、様々な相手に対応が可能です。

 

前作に引き続き登場するアルヴィンの特性は「チャージ」。アルヴィンは通常の技を発動後、コントローラーのボタンを押しっぱなしにすることで、チャージ技を発動することが可能です。

 

通常に出した技によって、チャージ技が変化するのでかなり見ものです。

 

 

レイアの特性は「活伸棍術」です。棍を使いこなすレイアの「活伸棍術」はカウンター技。

 

相手の攻撃をバックステップで回避すると、レイアの持つ棍が光り、一定時間長さが長くなります。棍が長くなることで広範囲に攻撃をすることが出来るので有利に戦闘をすすめられます。

 

またレイアは数多くの武身技を覚えることが出来るので、空中連携技が幅広くなるので楽しいかも?