讃岐うどんの亀城庵の小麦の産地@

亀城庵の讃岐うどんに使われている小麦について調べてみました。

 

亀城庵のうどんに使われている小麦はオーストラリア産です。

 

オーストラリア産小麦の性質が最もうどんに適しているので、国内のうどんのほとんどがオーストラリア産小麦で作られているそうです。

 

ただ、最近では国産小麦の品質が見直されたこともあり、亀城庵では国産小麦を使ったうどんができました。

 

亀城庵の国産小麦うどんは、三重県産の希少な小麦を配合したこだわりのうどんです。

 

その味は小麦そのものの香りがする素朴なもの。コシ・食感はオーストラリア産小麦のうどんと比べて、粘り強さより若干硬さが強調された麺になっています。

 

とは言え、その違いは食べ比べてみないと分かりづらいと思います。

 

亀城庵の国産小麦うどん「薫」と、その他の讃岐うどんを食べ比べて、自分のお気に入りの讃岐うどんを見つけてみてはいかがでしょうか。

讃岐うどんの亀城庵の小麦の産地について

国内のうどんのほとんどはオーストラリア産小麦で作られています。オーストラリア産小麦の性質が最もうどんに適しているからです。

 

亀城庵のうどんにも、やはりオーストラリア産小麦が使われています。そんな中、亀城庵が作ったのが国産小麦を使った讃岐うどん。

 

亀城庵の国産小麦うどんに使われているのは、三重県産の希少な小麦。亀城庵の国産小麦うどんは、小麦そのものの香りがする素朴なうどんになっています。オーストラリア産小麦のうどんと国内産の違いは、コシや食感

 

国産小麦うどんの方が、粘り強さより少し硬さが強調された麺になっています。と言っても、その違いは食べ比べて初めて分かるものかもしれません。

 

亀城庵の国産小麦うどん「薫」と、従来の讃岐うどん。その味や食感の違いを、ぜひ確かめてみてください。